新宿の”MBA社労士” みらいの経営

メディア取材・執筆、お受けします。

・ハローワーク求人票で魅せる対策

・中小建設業の社会保険未加入対策

・60歳代社長の年金・社会保険対策

☏03-3366-2476

✉ info@miraino.biz

●無料診断ツールをお試しください。

お気軽にご相談ください

●社会保険労務士事務所

 〒160-0023

 東京都新宿区西新宿7-17-14

 TEL:03-3366-2476(代表)

  [受付時間9時~18時]

 FAX:03-6800-5888

   [24時間受信可能]

 email:info@miraino.biz

 
●中小企業診断士事務所
 (経営セミナー事務局)
 〒332-0015
 埼玉県川口市川口1-1-2
t9−19JP青森県青森市030-0137
 TEL:090-5359-7058
 〒030-0861
 青森市長島2-13-1
 AQUA青森スクエアビル
t9−19JP青森県青森市030-0137
 TEL:070-6660-8560
 
t9−19JP青森県青森市030-0137

*休業日:日・祝、その他

  [セミナー・各種学会]  

 
●講演・セミナーお受けします。

 地域:北海道、青森県

    岩手県、宮城県

    秋田県、山形県

    福島県、茨城県

    栃木県、群馬県

    埼玉県、千葉県

    東京都、神奈川県

    新潟県、富山県

    石川県、福井県

    長野県、岐阜県

    福岡県、熊本県

    鹿児島県

 予算応談(中小企業、業界団体) 

【禁断の顧問契約】

私の周りの多くの社労士さんは事務所経営を安定
させるため、顧問先を増やすことに腐心している。

これは士業の世界では半ば、常識とも言えること。

 

さてこの私、開業から1年以上経って未だ顧問先ゼロ。

 

原因は、我がままな”事務所ポリシー”によるもの。
①資格が無くてもできる業務はイタシマセン。
(給与計算や労働・社会保険の書類作成)
②単価の低い仕事はイタシマセン。
③顧問先に対する不当な搾取はイタシマセン。

 

独立前に詰られたベテラン社労士さんからすると、
「あんた、ナニ様なの(怒)」とまたキレられるが。

 

これまで、定期的に紹介によるコンサル案件を頂戴し、
食べるには十分な収入があるので、それもまた良し。

としていたものの、ついに「禁を破る」決心をした。

 

先日の出張先企業では思いのほか高評価をいただいた。
人事経験のある社長と総務部長のお悩みに対し、
単にKKDからの回答がツボにはまってしまったよう。

 

社長から「もう1社紹介したら、顧問契約してくれる?」
と問われ、「社労士会報酬規定(旧基準)+αなら」と
失礼な断り方をしてしまった。
(自由化前の報酬規定は今の相場より相当高い)

 

がしかし、昨晩、件の社長から電話があり、
「もう1社見つけた。それも先生の得意な建設業。
バックオフィスの立ち上げをしたいけど、

地方じゃできる人材がいないんだって。」という。

 

当方には、やりがいバリバリの案件。

 

冗談からコマの結果オーライ。11月1日に遡って、
ついに【禁断の顧問契約(第1号)】を結ぶことに。