新宿の”MBA社労士” みらいの経営

メディア取材・執筆、お受けします。

・ハローワーク求人票で魅せる対策

・中小建設業の社会保険未加入対策

・60歳代社長の年金・社会保険対策

☏03-3366-2476

✉ info@miraino.biz

●無料診断ツールをお試しください。

お気軽にご相談ください

●社会保険労務士事務所

 〒160-0023

 東京都新宿区西新宿7-17-14

 TEL:03-3366-2476(代表)

  [受付時間9時~18時]

 FAX:03-6800-5888

   [24時間受信可能]

 email:info@miraino.biz

 
●中小企業診断士事務所
 (経営セミナー事務局)
 〒332-0015
 埼玉県川口市川口1-1-2
t9−19JP青森県青森市030-0137
 TEL:090-5359-7058
 〒030-0861
 青森市長島2-13-1
 AQUA青森スクエアビル
t9−19JP青森県青森市030-0137
 TEL:070-6660-8560
 
t9−19JP青森県青森市030-0137

*休業日:日・祝、その他

  [セミナー・各種学会]  

 
●講演・セミナーお受けします。

 地域:北海道、青森県

    岩手県、宮城県

    秋田県、山形県

    福島県、茨城県

    栃木県、群馬県

    埼玉県、千葉県

    東京都、神奈川県

    新潟県、富山県

    石川県、福井県

    長野県、岐阜県

    島根県、高知県

    福岡県、熊本県

    大分県、鹿児島県

 予算応談(中小企業、業界団体) 

【IPOするので手伝って欲しい】

ここ最近、2人の社長が上京し、偶然にも同じ話し。

 

【IPOするので手伝って欲しい】

 

「上場の目的」を聞くと

 

A社は「証券会社から”お宅は上場できる”と言われた」。
B社は「全国展開のために資金が要る」。

 

あとはお決まりの「創業者利潤」「従業員に報いたい」。

 

ただし、あぶく銭が大きすぎると、働く必要性が薄れ、
「働かない経営者」「できる従業員の離職」に繋がる。

 

教科書通りだが、私の想いは「採用アドバンテージ」。
不人気業界の両社。いつの時代も人材確保に苦労。
ここさえクリアできれば、事業は安定して成長軌道へ。

 

両社とも、事業の成長性も社長にも魅力がある。

 

当方の役柄を聞くと

A社は、月に数日のコンサルで
「今いる総務担当を総務部長にして欲しい」納期は1年。

B社は役員として参画し、
「本部・現場の管理部門を1から創って欲しい」納期は2年。

 

到達目標、納期ともそれほど難しいことではないが、
両社とも「労務管理に難あり」をすっかり忘れている。

 

ここ数年で厳しくなったと聞く上場審査。
とくに労務監査に耐えられる体制作りは至上命題。

今のコンサルは継続したいので、両方は受けずらい。

 

報酬面でのコストパフォーマンスはA社。
難易度でのモチベーション継続はB社。

 

どちらにも応えるべき知恵を絞らねば。