新宿の”MBA社労士” みらいの経営

メディア取材・執筆、お受けします。

・ハローワーク求人票で魅せる対策

・中小建設業の社会保険未加入対策

・60歳代社長の年金・社会保険対策

☏03-3366-2476

✉ info@miraino.biz

●無料診断ツールをお試しください。

お気軽にご相談ください

●社会保険労務士事務所

 〒160-0023

 東京都新宿区西新宿7-17-14

 TEL:03-3366-2476(代表)

  [受付時間9時~18時]

 FAX:03-6800-5888

   [24時間受信可能]

 email:info@miraino.biz

 
●中小企業診断士事務所
 (経営セミナー事務局)
 〒332-0015
 埼玉県川口市川口1-1-2
t9−19JP青森県青森市030-0137
 TEL:090-5359-7058
 〒030-0861
 青森市長島2-13-1
 AQUA青森スクエアビル
t9−19JP青森県青森市030-0137
 TEL:070-6660-8560
 
t9−19JP青森県青森市030-0137

*休業日:日・祝、その他

  [セミナー・各種学会]  

 
●講演・セミナーお受けします。

 地域:北海道、青森県

    岩手県、宮城県

    秋田県、山形県

    福島県、茨城県

    栃木県、群馬県

    埼玉県、千葉県

    東京都、神奈川県

    新潟県、富山県

    石川県、福井県

    長野県、岐阜県

    福岡県、熊本県

    鹿児島県

 予算応談(中小企業、業界団体) 

騙されて宅建。翌年も騙されて行政書士。

前年、上司に騙されてとった宅建。翌年もまた騙されて、行政書士を受験。


【行政書士】

最近は行政書士も人気がある。6万人も受験者がいて合格者は5千人以上。
平成3年当時の受験者は平成26年の半分に満たず、合格者も3千人。


青森県は14名
当時、我が青森県からの合格者はわずかに14名。少ないだけに目立つ。
合格発表の日、地元紙の夕刊に掲載され親戚からも祝福された。
今のところ、新聞に名前が載ったのは後にも先にもこれだけ。


やっぱり融資担当やりたい
前年、支店長に騙されて宅建をとったが念願の融資担当はお預け。
3月の定期異動、4月の担当替えでも訴えたが、やはりダメ。


怒りにまかせて支店長にぶつける。
「支店長、約束通り、宅建とったのに融資がだめ。オレ、どうすんですか。」

あー言えばこうくる。
「いいか、悪いけど融資はなぁ、お前が考えてるほど甘いもんではないぞ。」
「登記簿謄本が読める宅建程度じゃ無理。売買契約とか法律知識、お前ある?」


それでもしつこく食い下がる
「そんなの弁護士でもとれってこと?そんな奴、コネでここに入りますか?」

またもや適当な返し
「そうだなぁ。司法書士はあり得ないけど、行政書士でもとったらなぁ。」

「ホントですね。じゃぁオレその資格とりますよ。今度は絶対ですよ。」


言質をとった(つもり)
「宅建・行政書士ダブル?そんなの法学部出ないとムリ。逆立ちしてもムリ。」
「万一、受かっちゃったら総務部長なんて飛ばして、理事長に掛け合うよ。」


というわけで、前年の宅建に続いて行政書士試験にチャレンジ。
前年の宅建知識と勉強癖が役立ったのか、自分でも意外。合格した。

が、結局、翌年も融資担当には就けなかった。
またも支店長に詰め寄るが、今度も「大人の事情だ」と圧殺された。


勤続10年の節目。さすがに我慢の限界。
大東建託からのスカウトもあったので「辞めてやるぅ。」と宣言。
辞めるとなったとたん、本部から総務部長、果ては理事長まで説得に来た。


がしかし、騙されてとったこの行政書士。瓢箪からコマだった。
後に社労士の受験資格として重宝し、総務課長になってからも役に立った。


10年間も大人の事情を抱えていた労金、口先支店長にマジでありがとうだ!