●無料診断ツールをお試しください。

新宿の”MBA社労士” みらいの経営

☏03-3366-2476

✉ info@miraino.biz

メディア取材・執筆、お受けします。

・ハローワーク求人票で魅せる対策

・中小建設業の社会保険未加入対策

・60歳代社長の年金・社会保険対策

お気軽にご相談ください

●社会保険労務士事務所

 〒160-0023

 東京都新宿区西新宿7-17-14

 TEL:03-3366-2476(代表)

  [受付時間9時~18時]

 FAX:03-6800-5888

   [24時間受信可能]

 email:info@miraino.biz

 
●中小企業診断士事務所
 (求人セミナー事務局)
 〒332-0015
 埼玉県川口市川口1-1-2
t9−19JP青森県青森市030-0137
 TEL:090-5359-7058
 〒030-0861
 青森市長島2-13-1
 AQUA青森スクエアビル
t9−19JP青森県青森市030-0137
 TEL:070-6660-8560
 
t9−19JP青森県青森市030-0137

*休業日:日・祝、その他

  [セミナー・各種学会]  

 
●講演・セミナーお受けします。

 地域:北海道、東北、関東

    北陸、甲信越、東海

    中四国、九州、沖縄

 予算応談(中小企業、業界団体) 

【決算書が読めるMBA社労士】

今週は2社の決算書をお預りしました。

 

【決算書が読めるMBA社労士】

私の主力商品は、社労士の立場での”販管費のコストダウン”。

そして、提案時は中小企業診断士の立場で”財務の視点から報告”。

 

多くの経営者は
「社労士が決算書なんて読めるはずない」と思われている。

事実、私の周りには
「簿記はかじってるけど決算書はねぇ」という社労士が多い。
(もちろん、決算書が読めない診断士はいない、はず!)

 

最近では、社労士会も重い腰を上げ、
明治大学はじめ各地の私立大と連携して
”社労士特別枠”でMBA社労士を促成している。

 

”誰も犠牲にせず、販管費をコントロール”
これが、私の社労士としてのコンセプト。

 

自らの提案を実践してもらった結果、
いったい「決算書にはどう影響するのか」を
試算・解説することは義務、と考える。

 

というわけで、
新参者で、誰のカバン持ちもしたくない自分には、
社労士会の推薦など貰える筈が無いので、

大枚はたき、東洋大の会計・ファイナンスコースで2年。

 

これからは
(決算書が読める)”MBA社労士”として投資回収を目指す。

 

ただし、法人税、所得・住民税の試算は税理士法のカベ。
経営者はワンストップを求めるので、つい受けそうになる。
が、イタシマセン。免許が必要なことしか。ホントです。