新宿の”MBA社労士” みらいの経営

メディア取材・執筆、お受けします。

・ハローワーク求人票で魅せる対策

・中小建設業の社会保険未加入対策

・60歳代社長の年金・社会保険対策

☏03-3366-2476

✉ info@miraino.biz

●無料診断ツールをお試しください。

お気軽にご相談ください

●社会保険労務士事務所

 〒160-0023

 東京都新宿区西新宿7-17-14

 TEL:03-3366-2476(代表)

  [受付時間9時~18時]

 FAX:03-6800-5888

   [24時間受信可能]

 email:info@miraino.biz

 
●中小企業診断士事務所
 (経営セミナー事務局)
 〒332-0015
 埼玉県川口市川口1-1-2
t9−19JP青森県青森市030-0137
 TEL:090-5359-7058
 〒030-0861
 青森市長島2-13-1
 AQUA青森スクエアビル
t9−19JP青森県青森市030-0137
 TEL:070-6660-8560
 
t9−19JP青森県青森市030-0137

*休業日:日・祝、その他

  [セミナー・各種学会]  

 
●講演・セミナーお受けします。

 地域:北海道(函館市)

    青森県、岩手県

    宮城県、山形県

    秋田県、福島県

    栃木県、群馬県

    千葉県、埼玉県

    東京都、神奈川県

    長野県、山梨県

    愛知県、岐阜県

 予算応談(中小企業、業界団体) 

【宅地建物取引士】

今朝は25年前の出来事を再現するVTRのような夢を見た。

 

宅地建物取引士が士業に昇格
この4月から通称”宅建”が宅地建物取引士に名称変更され、士業の仲間入りをした。
私が受けたのは平成2年、もちろん宅地建物取引”主任者”の時代。
平成バブルを背景に合格ラインが大きく引き下げれられた(26点/50点満点)年だ。
未だに、この最低記録?は破られていないようだ。ではなぜこんな時期にとったのか。

 

融資係をやりたい
当時26歳の私は地元青森のろうきんに高卒で入庫。
銀行に入ったら当然やりたいと思うのが融資担当。同期の中から担当する者も出てきた。
ところが、私はいつまでたっても”5時からオトコ”の渉外担当(早い話が接待マン)。
融資をやってる先輩に聞くとどうやら宅建を持ってるといいらしい。

 

そこで支店長に聞いた。
「いつになったら融資、やらせてくれるんですか。」


支店長曰く
「お前はまだ若い。知識が足りない。」「誰のコネもないんだし。」
「オレの接待費使って毎晩飲んで歌って楽しんでるほうがいいだろ。」

 

若気の至りで言ってしまった。
「支店長、オレ宅建取るから。そしたら来年は絶対に融資担当ね。」

 

支店長が約束した。
「わかった。今、労金で宅建持ってるヤツは1人もいない。融資やってる連中もそうだ。」
「万一受かったら、オレの責任で融資でもなんでも好きなところに推薦してやる。」

 

というわけで、無謀にも結構マジで勉強。その年に合格してしまった。
がしかし、翌年も融資担当はやらせてもらえなかった。
支店長に詰め寄ると「大人の事情だ」で黙殺された。

 

今思うに、この25年前の出来事が士業として独立するきっかけ。
営業を経験させてくれた労金と当時の支店長に感謝しなければならないと思う。